私たち家族の移住先の重要事項の確認

IMG_20140628_125401

IMG_20140628_125401
先週は北杜市、今週は伊那市の移住先を探すために視察を行いました。
あいにくの雨でしたが、大雨とならずに数軒の物件を見て回る時には
小雨でしたので特別苦痛にもならず助かりました。

以前から、色々な都道府県を検討しておりましたが、様々な理由から
やはり山梨県か長野県に絞られてきました。

理由はどこかに?記載したつもりでしたがどうでしたっけ?
念の為にもう一度記載したいと思います。

移住先を絞る私たちの重要視した事項について

あくまでも私たちの重要視事項であり、人それぞれの価値観があるという事を
ご承知おきくださればと思います。

ちなみに家族構成はこんな感じです。
・私:自営業 44歳 軽貨物運送業にて個人事業主(食品スーパーマーケットチェーン店に長年勤務)
・妻:パート 37歳 スポーツ施設にてパート勤務(同じスーパーに以前勤めていた)
・長男:4年生 9歳 極真空手に目覚めて日々稽古に勤める(移住先に極真空手道場があるか心配)
・次男:2年生 8歳 少年野球に目覚めて練習している、釣りも大好き、昆虫採集も大好き野生児
・三男:年少 4歳  毎年検査を行わなくてはならない病気を持っている(健康だが・・・)

こども3人

私たちの優先した事項
  • 実家が横浜市でありすぐに駆けつける事が出来る
  • 横浜市へ自動車で行ける範囲
  • 三男の毎年1回ある定期検査、横浜市南区にある事
  • 冬の暮らしについての限界点(農作物の観点なども)
  • 土地が安く、古民家が多く出てくる地域
  • 新規就農支援のしっかりしている所
  • 小学校、中学校などの教育機関が徒歩圏
  • 地域の雰囲気が明るい事や人柄が良い雰囲気
  • しいたけ栽培の出来る日照条件、良質な水
  • 私の仕事が確保できる(軽貨物ドライバー)

就農支援という言葉は独り歩きし、数か所の行政へ出向むきましたが
どうにも熱心に支援してくれる所は少ない。
「移住は大変ですよ」「農業なんて稼げませんよ」「本気ですか?」という
雰囲気が見え隠れしており、「それを克服する為の支援でしょ?」と思ってしまう事
もあります。

「私たち家族の移住先の重要事項の確認」の続きを読む…

農産物を決める目安を自分なりのわがままで検討する

6c2275a5e6886cd5ce2141f7cd35d3c7_s

3afee6600ea499e27bbcb2dcbc78104d_s
実は、しいたけ、きのこ栽培で就農を考えているのは確かで
他のきゅうりや、トマトなど食卓に上がる野菜の栽培で最初
から収入を得ようとは決して思っていない。

栽培しないという事ではなく、安全策の一つがそういった
考えに傾斜しているのが現状なのです。

願わくば広い畑で単一の農作物栽培で収入を得られる様になる事を夢見ています

が・・・
・・・なかなかそうはいかない。
BOpYEeeu356aoRE1399199925_1399200584
収入がまず第一・・・。
一つの目安が
・雪や台風などの悪天候で被害に遭わない。
・素人でもまずまずレベルの農作物を生産出来る。
・需要がある農産物
・卸ルートが確立している
・初期投資が少ない、借金したくない
・小スペースで出来る
・妻のスキルと私の副業時間で何とかなる
・子供たちでも何かの役に立つ

こんなところだと思う・・・。
e4aa2e51cc63301e2adef1bc6474d757_s
そういった事を鑑みると「しいたけ・きのこ栽培」
が第1候補として挙がっている状況です。

こんな事を言うと何ですが・・・
cAQTbSmNaxXRL4b1399138053_1399139107

こだわりの農作物があるという訳ではないのです。

本職の方々には軽蔑されるかもしれませんが、
家庭のある身で収入の当てのない農産物を作る
わけにはいかない。