しいたけ栽培では資金が必要だが、これならいけるのでは?

hatimitu3

69f23af09838a523ca8350324d832b73_s
こちらの移住・農業ブログに関しての更新が滞っておりました。
決して諦めた訳で無く、情報を探し、時間があればセミナーや
就農関係の会合へも出席を行ってきました。

しかし、日記として残すまでの収穫を得るレベルの話では無く
何ともその辺に転がっている情報に毛が生えた程度の話ばかり
であり全く進展がなかったというのが更新していなかった理由
に他なりません。

前回の内容などを読んでいただければご理解いただけると思い
ますが、農家後継者がいないと報道されている割に新規に始める
人に対しての障壁が高く、誰でもやれる制度が整っていない。

それは、「農家だけで食べていくことは難しい」「4~5年の
生活費が必要だ」という情報機関からの進言を見れば解る事で
家族を養う人間ではとてもではないが参入など出来ない。

コネや実家など農業関係の人がいれば手助けや援助も得られる
事と思いますし、先輩談なども実際にそういった人達が多い
事も頷けます。

全くの未経験で始める人は、家族を持たないか、子育てが終り
リスクの無い人、又は農業法人に就職出来る年齢の人で実際は
サラリーマンであったりします。

つまり、40歳前後の家族持ちが農業を始めるには、多大な貯蓄
その他本業、期間による勉学など一から始めるしかないのでは
ないかと今のところ思っている。

そう、40歳家族持ちなどの人を農業関係者の人達は待っていない、
逆に20歳代など何十年も先があり、力が有り余っている人を
募集しているのである。

しかし、今の若者は賢いし、稼げない仕事や労働対価の悪い
仕事に関して魅力を感じず参入してくる人も少ない。

報道や雑誌などで「若者の就農者」を特集しているが、実際の
ところは、趣味やビジネスの合間にやっている感じで、田舎を
愛しているが農業を愛しているとは到底思えない。

つまり、本気で農業をやろうとしている人は、元々農家の子息
か農協関係の人であり、素人から始めて成功する人はごく少数
の人になるのだと思っています。

では、私は諦めたのか? 農業を始めないのか?

いな、私は、諦めてはいない…。

ですが、純粋な農業としては現状難しい、資金も乏しい。
やはり、本業を持ちつつ出来る事を目指している。

元々は「しいたけ栽培」を目指しているが、ハウスや原木など
最低、100万円以上は軽く覚悟しなければならない為、いきなりも
やはり難しい、逆に路地などで野菜を育てる方が安く済んだりする。

しかし、本業と掛け持ちで行えるとは、とても考えられないし、
週末の時間だけでやれるとも思えない…。

そこで、ようやく出来そうな農作物?を見つけた。
正確に言うと畜産になるらしい…。
c91d4faa08a2c9c0bd5b74186d90059a_s
それは『養蜂』と呼ばれる蜂蜜をミツバチに集めてもらい
商品として産出するという農業(畜産)という事。

現在の国産蜂蜜の不足は深刻で農業と同様に後継者不足と
国産ミツバチの減少が問題で国産蜂蜜の価格は上昇傾向と
なっている。

元々、私は食品スーパーに勤めておりました、その時に蜂蜜の買い付
けなども行っておりましたので国産蜂蜜の価値の高さは知っていました。

しかし、自分で栽培?飼育?する意識は持っておらず、自分でやれるのか
すら解らない状況でした。
しかし、ある農業学校のセミナーに参加した時に募集案内で「はちみつ飼育講座」
を発見し、これなら?という事で現在、情報を集め出した次第です。

確かに週末起業で行っている人もいますし、銀座ではビルの上で飼育している話
もあります、わずかなスペースと低資金で始められる魅力を秘めており、農業の
スタートとしては何か良い雰囲気を持っています。

いきなり100万円も出資して始めるにはリスクも高いですし、かなり勇気を振り絞る
必要がありますが、20万円程で始められるという情報に魅了を感じています。

収集した蜂蜜はネット通販でも販売出来ますし、将来始める椎茸とのコラボも
面白いと感じています。

という事で、現状は「養蜂」の情報を集めたいと考えています。

ちなみに、スクールは下記を参照すると良いと思います。
hatimitu1

費用は
入学金:10,800円(税込)
受講料:164,000円(税込)
との事で、卒業後も指導してもらえると聞きましたので第1候補かな?

次に「日本在来種みつばち協会」の養蜂講座
hatimitu3

その他参考になりそうなサイトもいくつか発見しましたので時間を見つけて
読んだり、問い合わせしたりしてみたいと思います。

これなんか良さそうだわw
これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂【DVD付】+蜜蝋20g付き
hatimitu5

ニホンミツバチの週末養蜂で得られるもの
hatimitu6

(社)日本在来種みつばち協会認定の養蜂指導者のブログ
週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつ

数冊の書籍も読んでみるつもりです。
我が家にミツバチがやって来た ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道 -楽天市場-
hatimitu7

Bee Manual 英国流ホビー養蜂のすべて -楽天市場-
tatimitu8

その他「養蜂」関連の本を検索 -楽天市場-

もう少し情報を集めたら養蜂についてページを作成しようと思います。
今は、書籍で情報をインプットする程度ですし、これからスクールに通う
予定ですから、まだまだこれからです。

実際に始めてみて、問題や障壁が出てくることは必至ですから
そんな点もお伝えできればと思います。

新規就農支援『しいたけ』支援・サポート・指導会社

0d3752ee7b96b605dc747c8170113029_s

e9fe304f2b8edea651f6f3bd5f8df069_s

株式会社富士種菌 様

先日、説明を聞きに行きました企業様です、非常に新規就農者に対して
熱心な印象を受けました。但し、新規就農の青年給付金などの例が無い
様子で予定地の山梨県北杜市役所に「新規就農にて富士種菌さんと協力
のうえ行いたいと打診いたしましたが、検討するという返事で終わって
おります。若干不安の残る感じです。
fujishken

また、概算の見積もりは下記に掲載しておきます、あくまで目安とのお話でした。
私的にはもう少し初期費用を抑えたい感じです、中古のハウスを手に入れて安く出来れば理想だが
さてどうでしょうか・・・。
fujishukin

商号 株式会社富士種菌
設立 昭和57年9月7日
代表取締役 相場 幸敏
所在地 山梨県南アルプス市有野499-1
TEL 055-285-3111
FAX 055-285-3114
事業所 本社工場 山梨県南アルプス市有野499-1
北海道営業所     北海道白老郡白老町竹浦198-330
秋田営業所      秋田県仙北郡角館町西長野字鬼壁102
宮城植菌センター  宮城県石巻市鹿ノ又字山下東

有限会社 月夜野きのこ園 様

top
こちらの対応は本当に親身になってくれて心強い企業でした、ホームページを見ますと平成3年設立
という事で開業時の苦労とかまだ覚えていらっしゃる企業なのでしょうか、新規就農者にとっては
有難い企業です。青年給付金の経験もあるようで、何かスムーズに事を運んでくれそうな雰囲気
が電話ではありました。 今日資料が届いたので見てみました。
資料は下記の画像です。
1
2
3

あくまで、目安と言う事です、詳しい話は訪問時にして下さるとの事、
既存のハウスなどを利用する事で初期費用を抑える事が出来るという事です。

商号 有限会社 月夜野きのこ園 本社
設立 平成3年
所在地 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170
TEL.0278-62-1673
FAX.0278-62-1674
事業所 (株)オゼトレーディングコーポレーション
群馬県利根郡みなかみ町真庭218-1
TEL 0278-62-0005
FAX 0278-62-0006

株式会社 秋山種菌研究所 様

home
こちらの企業様とはまだコンタクトを取っておりません。
ホームページを見ますと協力的なイメージがありますので
近日中に確認を取らせていただこうと思っております。

商号 株式会社 秋山種菌研究所
設立 昭和25年
所在地 〒400-0042 山梨県甲府市高畑1-5-13
TEL:055-226-2331(代)
FAX:055-226-2332
事業所 東北営業所 岩手県紫波郡矢巾町室岡3-9-1
㈱のうけん 京都府京都市山科区四の宮山田町43番1

株式会社 誠進 様

sei
こちらの企業様とのまだコンタクトを取っておりません。
サポートはしてくれそうな雰囲気がホームページにはあります。
近日中に連絡を取ってみます。

社名 株式会社 誠進
所在地 〒333-0851 埼玉県川口市芝新町10-9-401
電話 048-485-9600
FAX 048-485-9604
設立 2009年6月
資本金 5,000,000円
業務内容 菌床の製造・販売及び輸入
シイタケ・キクラゲ・ヒラタケ・エリンギの栽培等

企業ホームページに記載のある内容です。

きくらげ 菌床しいたけ きのこ経営 栽培 椎茸
新規就農ご希望の皆様へ
脱サラで農業に転業する、あるいは新しくキノコ栽培を始める農家のみなさまへ。私たち「誠進」スタッフ一同は、みなさまのチャレンジを誠意を持ってサポートします。
※ご希望の方には栽培技術指導致しますので、お気軽にお問合せ下さい。 関東地方を中心に全国対応いたします。
しいたけ・きくらげ・ひらたけ・エリンギの菌床栽培は、ハウス栽培の場合通年栽培が可能です。軽作業の為、女性、高齢者、ご家族で栽培可能。しかも無農薬栽培になります。